古代から伝えられるにんにくの薬効

にんにくは古くから世界のいたるところでその薬効が認められてきました。中国でもにんにくは「百利一害」といわれるほど、食材として尊重されています。

古代から伝えられるにんにくの薬効として……

  • 冷え性
  • 消化促進
  • 利尿効果
  • 解熱
  • 腫瘍
  • 腹痛

などの症状に効果があると言われてきました。

さらに……

  • 砕いたにんにくを足の裏に塗ると鼻血がおさまる
  • にんにく灸をすることでおできが改善する
  • 炒った米ぬかとにんにくを食べると高熱がさがる
  • 食中毒を起こしたら、にんにくの煮汁を飲むと治る

などの民間にんにく療法さえあったというから面白いですよね。にんにくはそれ自体、効能がある食品なので、他の薬と組み合わせたりするのはよくないということです。

しかし、有精卵黄を組合わせることによって、にんにく本来の持つ健康パワーをさらに高められることが近年になってわかってきました。それがおなじみの「にんにく卵黄」なんですね。


なぜ健康家族の伝統にんにく卵黄が選ばれるのか…4つの特徴

口コミ情報へ

公式ホームページへ


関連ページ


ピラミッド建設に従事した人々のスタミナ源

にんにくは今でこそ栄養に優れた食料として、あらゆる料理に利用されていますが、古代においても、エジプトのピラミッド構築に携わった人夫たちのスタミナ源として用いられてきたのです。

詳細はこちら


にんにくのニオイこそ健康に良い証拠

にんにく健康に良いとわかっていても、あの強烈なニオイのために敬遠されています。にんにくのニオイの原因や健康によい根拠を説明しています。

詳細はこちら


薩摩藩士のパワーの源こそ「にんにく卵黄」

薩摩藩士の強な精神を支え、パワーの源になったものこそ「にんにく卵黄」でした。南九州では古くから、庶民の暮らしに欠かせなかったにんにくについて解説。

詳細はこちら



このページの先頭へ