にんにくのニオイこそ健康に良い証拠

にんにくは体によいとわかっていても、あの強烈なニオイのために敬遠している人は多いようです。しかし、にんにくのニオイこそ健康に良い証拠であり、また食材として取り入れることで独特の旨味を出すわけですね。

生のにんにく自体にはあんな強烈なニオイはありません。切ったりおろしたりすることで発生する「アリシン」という成分がニオイの原因です。この「アリシン」こそ健康パワーの秘密。反応や変化する過程で、100種類以上のさまざまな成分が生成されるのです。

「アリシン」はビタミンB1と結ぶつくことによって、新たに「アリチアミン」という物質を産み出します。これによってにんにくのさまざまな健康パワー(スタミナや滋養)が体の隅々まで吸収しやすいかたちになるのです。

「アリシン」=ニオイがなければ、にんにくパワーの恩恵を受けることができないのですから、少しくらい臭くても我慢したいところです。今ではニオイが嫌な人でも大丈夫。ニオイを無臭化した「にんにく卵黄」があるからです。

にんにくの栄養素をソフトカプセルに凝縮した「にんにく卵黄」は、現代のようなニオイに敏感な社会でも広く受け入れられているわけですね。


なぜ健康家族の伝統にんにく卵黄が選ばれるのか…4つの特徴

口コミ情報へ

公式ホームページへ


関連ページ


ピラミッド建設に従事した人々のスタミナ源

にんにくは今でこそ栄養に優れた食料として、あらゆる料理に利用されていますが、古代においても、エジプトのピラミッド構築に携わった人夫たちのスタミナ源として用いられてきたのです。

詳細はこちら


古代から伝えられるにんにくの薬効

にんにくは古代から世界のいたるところでその薬効が認められてきました。ここではその薬効や民間療法などをご紹介。

詳細はこちら


薩摩藩士のパワーの源こそ「にんにく卵黄」

薩摩藩士の強な精神を支え、パワーの源になったものこそ「にんにく卵黄」でした。南九州では古くから、庶民の暮らしに欠かせなかったにんにくについて解説。

詳細はこちら



このページの先頭へ