薩摩藩士のパワーの源こそ「にんにく卵黄」

日本の歴史に名を轟かせる薩摩藩士。彼らの屈強な精神を支えたものこそ「にんにく」といわれています。

南九州では古くから、庶民の暮らしに欠かせない食材だったのです。にんにく卵黄の原型となるものはすでに江戸時代からあったと言われていて、江戸までの参勤交代の長旅には、必ずにんにく卵黄を携行したわけですね。

にんにくと卵の黄身を混ぜ合わせて煮詰めたものを乾燥させたものこそ、にんにく卵黄の前身にあたるのです。さらに西郷隆盛や、大久保利通の強靭な精神や体力を支えていたものも、にんにく卵黄だったと言われているのです。

南九州の素晴らしい食の知恵は、現代にも受け継がれて、安価な手軽に摂取できる「にんにく卵黄」となりました。現代の日本人の健康を立派に支えているわけですね。


なぜ健康家族の伝統にんにく卵黄が選ばれるのか…4つの特徴

口コミ情報へ

公式ホームページへ


関連ページ


ピラミッド建設に従事した人々のスタミナ源

にんにくは今でこそ栄養に優れた食料として、あらゆる料理に利用されていますが、古代においても、エジプトのピラミッド構築に携わった人夫たちのスタミナ源として用いられてきたのです。

詳細はこちら


古代から伝えられるにんにくの薬効

にんにくは古代から世界のいたるところでその薬効が認められてきました。ここではその薬効や民間療法などをご紹介。

詳細はこちら


にんにくのニオイこそ健康に良い証拠

にんにく健康に良いとわかっていても、あの強烈なニオイのために敬遠されています。にんにくのニオイの原因や健康によい根拠を説明しています。

詳細はこちら



このページの先頭へ